Jim Morrison

こんにちは、坪井です

今日はThe Doorsの Jim Morrisonの命日



朝からThe Doorsという重い選択ですが

気にしない

ということで

先月、中目黒のJANTIQUESで発見した

 Jim MorrisonのTEEがようやくデビュー

僕はこの日を待ってたぜ!



お気に入りのTEE

今期のヘビロテ間違い無し

アゴと肩は相変わらずイタイけど

気分は上々で、僕の心に火がつきました

LIGHT MY FIREということですね。











 

Lou Reed























































































































In Peace.
 

Tony Scott

 こんにちは、坪井です

映画監督のトニー・スコット監督が亡くなりました




今日気づいたんですが







僕。









この監督。














めっちゃ好っきゃねん


















の事実に気付きました









キーワードは






「10代、20代で死ぬほど観たよ、トニちゃんぺ」











まず、





小学校高学年でどハマりした「トップガン」↓





(敢えてヴァルキルマーとトムクルーズで。

ヴァルキルマー、カッコいい!

ちなみに、彼。

最近、フランシスコッポラ監督の映画に主演ですね。

大分おじちゃんになっちゃったけど。)















20代、ロックと酒をこよなく愛し、歪んだ青春時代に没頭した


「トゥルーロマンス」↓





勢ぞろい↑







皆、きっとこれがヤりたかった↓



電話ボックスでのチョメチョメ。








この2つの映画が同じ監督によるものだと

うっすら感じてたけど、

この監督を「好き」っていう感覚もなかったのが

申し訳ない気がします






近年の映画、デンゼルワシントン主演の

「デジャブ」もトニさんでした。

デジャブもホントに面白い。





せっかくなので皆さん

本日はツタヤへ走って

トニースコット祭りはいかがでしょうか?






トニーさん。

素敵な映画をありがとうございました

あんたの魂は、僕が…。。

追悼 Adam Yauch



こんにちは、坪井です

どうしてG.Wに亡くなるアーティストが多いのか 


今日もまた一人。


僕の好きなアーティストが亡くなってしまいました


ビースティーボーイズのMC Adam Yauch
(アダム・ヤウク)






     ラップやHIPHOPが苦手だった僕

(今でもあまりにブラッキーなラップはちょっと苦手ですが)

初めてHIPHOPに魅了されたのが彼ら

 


もともとハードコアバンドだった彼ら。

初期の頃のアルバムにはハードコアの(しかもきっちりストレートエッジな)

曲もあって

ハードコア好きだった僕は

すんなり彼らのworldに入り込めました


(その頃は、だぶだぶファッションにヤンキースのキャップまで被ってた私。)




知人のイベントに行き、DJにビースティーをリクエストすることも多々。

 そんな青春の1ページを綴ってくれたバンドのメンバーが

この世からいなくなるのはとても悲しいことですが




逆に



再びビースティーをお店で流すきっかけにもなったし

ブログにもアップできたし

いろんな方法で彼らの事を発信できる

良いきっかけになったかな、と


まだ、メンバーは2人残ってるので

ビースティーはきっと活動することでしょう…


では最後に

ビースティーで1番好きだったこの曲で!

「sabotage」

 


I'm Just A Rock'n Roller

こんにちは、坪井です


ゴールデンウィーク。皆さんいかがお過ごしでしょうか? 

まずは告知です。

nalki hair salonは1&2日は第一火、水の為お休みをいただきますが、

それ以降は通常どうり営業しております 

皆様の御来店をお待ちしております
 


    ちなみに、祝日は朝九時から営業しております

体にムチ打って早起きして

…頑張ります!!




 

さて。 


G.Wと言えば、避けては通れないロックンローラーがおらっしゃいますね

僕の中では、今のとこ、2名ほど。

 そう、ジョニーサンダースと忌野清志朗。

そんな二人がジョニーの亡くなる20日前に一緒にステージに立ってるんですね。


こちら↓


 

Hoooo! So CoooooooooooooooooL!!

「死してなお生き続ける魂」

と、言ったとこでしょうか

Born To Lose

A型の僕としてはキレイ&キチンと好きなので!?

ルーズに生まれてルーズに生きるのはちょっと違うけど

この人たちの音楽、魂は受け継いでいかないと。

ROCKの文化が乏しい(と僕が感じているだけなのかな?)

ココ飯山市。

(若い人にはRAGGAE やRAPが主流ってるっぽい気がする。)

僕はROCKの素晴らしさを、

心躍らせ、滾らす事のできるROCKを

僕のできる範囲で発信して行こうと

このゴールデンウイークに心に決めた次第でございます

Rock Is Not Dead!

mourning




   最近僕に、R&Bブームが来ています

   ということで「nujabes」をかける頻度が上がってます

   hiphop+jazzが中心のDJ、そしてtrackmaker

   残念ながら一昨年の2月26日、交通事故で亡くなってしまいました

   久々の追悼ブログは命日ではないけれど彼の曲で。

 
   今日の1曲「feather」

   

Easy Rider

先日、Dennis Hopperが亡くなったそうです。
彼の代表作(脚本、主演、監督をこなしている)
      
         「EASY RIDER」


映画のインパクトもさることながら、サントラもかっこよく。
でも、内容的には救いのない映画だったような…

私の中のDennis Hopperと言えば。
私の好きな映画BEST5には確実に入る「TRUE ROMANCE」での父親役。


息子夫妻(クリスチャンスレーター&パトリシアアークエット)
を守る為、敵の殺し屋に殺されてしまうのだけど
その時の彼の立ち居振る舞い、言葉。最高です。カッコ良すぎです。
涙なくしては見れません。

映画「TRUE ROMANCE」。すこし古い映画ですが、いかがでしょう。?
ロマンスに、バイオレンスに、ROCKに。でも、Themeは「愛」です、ね。
冒頭10分のロマンスは、素敵すぎます。。。そして、デニスホッパーの親父像も。。ぜひ。



毎年毎年、良い役者、ミュージシャン、デザイナー等々、惜しい人が
他界していきます。その分だけ新しいムーヴメントが起き、良い人材、STARが生まれている、ということなのでしょうか?




movement of JAH people



5.11 BOB MARLEYの命日。
 
レゲエといえばいわずと知れた彼。
ダンスホールレゲエとかが大の苦手な私は、ボブのレゲエやいわゆるルーツレゲエはすごく好きです。

死因は脳腫瘍。ただ、彼の宗教への信仰心から、彼のトレードマークである「ドレッドヘア」を切らず、手術を受けずに亡くなったそうです。彼らにとっての「ドレッド」とは宗教であり(神との交信の道具だそう)、人生である。そこまでの宗教観ってすごいと思います。
ドレッドを切るくらいなら死を選ぶという、究極のところで生きていたんですね、とてもマネできるもんではありません。
日本人が真似する「ドレッド」。本当に、ファッションとして楽しむ分には賛成ですが、こういった事も念頭に入れて楽しんでいただきたいなと思います。

そして、そろそろ、レゲエが聞きたくなってくる季節の到来。
Bob Marleyは必須アイテムです。海に山に。

でも、暑いからと言ってTシャツは脱げないんだなあ。デブだから。

「JAH!!!Rastafari!!!」

<追加>
ボブ・マーリーのガンの原因は、
大好きだったサッカーをプレイしているときに右親指を怪我。
それが原因の悪性の腫瘍メラノーマ(黒色腫)で亡くなりました。

「もっと早く治療を受けていれば…」とも言われています。

でも、ボブは「体にメスを入れてはいけない」という
ラスタファリズムの戒律を守り通し、
倒れるまで病院には行こうとはしなかったそうです。







Slow ballad


あれからもう一年。
ついこの間の事のように思い出される彼の死。
病におかされていたのは知っていたけど、本当に衝撃的だった。


5.2 忌野清志朗の命日


彼の事を好きな人は私の周りのも本当に多く、日本中から愛されていた、と言っても間違いではないと思う。彼を悼んだ多くの芸能人の映像も思い出されます。

彼のようになりたい、あつかましくも私もそう思い伸ばし始めた唇下のヒゲ。早くも10年が経ちました。唇下のヒゲは無くしたけど、清志朗スピリッツは生きております。アゴ下で…(コンセプトはホリが深くなるように、です)

清志朗のような40代、50代目指してパワフルに、ROCKに生きて行けたら…。 とりあえず、痩せるとこから始めるか。

今日はGW。ドライブに観光に。BGMはRC、清志郎をかけてみては??


「愛し合ってるかい??」


追悼 COBAIN



4.5 
KURT COBAINがその命を自ら絶った日
ショットガンで。
27という若さで、、。若さゆえに…?

何故そうしたのか、本人以外にはハカリ知れません
いろいろと理由はあるだろうけど。

でも、彼の残した音楽は確かに世界中の多くの人に届いていて
彼の偉大さは周知のとうりだろうと。

今日はささやかながら彼の曲でも聞いて。
でも、うるうせえんだよなあ、今聞くと。


  

大募集
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM